2008年11月24日

道は続く

昨夜のおんもゴハン。皆寝静まったリビング、深夜2時でございます。

20081125-1.JPG

少し食べて私の肩でうとうと。
20081125-2.JPG

そしてまた少しポシポシ・・・を繰り返しです。1時間程で1g食べる。
これを日に3回ほど。

病院に行く前日の夜、クチバシの傷も気になるし、と強制給餌をせずに
おんもゴハンで1g食べてくれたので、これで行こう、と。
89gが食べて90g。病院へ行く日の朝もおんもゴハンでこの体重。

危なっかしいけれど、危篤状態ではない。
病院で先生に診てもらって、必要なら給餌してもらおうと思ってたんですが、
先生におんもゴハンで1g食べてます、というと、
「あっ、それでいった方がいいかも」と言われました。
前回も確かあるじがいない時に給餌をお願いしたんですが、この時は
筋肉も落ちていたので給餌してもらったんですけど、今回は筋肉が落ちて
ない。病院では89gでしたが、この筋肉の付きと状態から見ると、あと2g
位落ちても大丈夫じゃないかしら、と。そ、そんなもんっスか!?

で、強制給餌について。今なんとかおんもでゴハンを食べてるならば、
ここで強制給餌をするとちぇりおの場合は意気消沈してしまい、せっかくの
上向きな気分が台無しになる可能性がある。
そうするとまたドン、と調子が悪くなり、なかなか回復しない。
回復するのは少しづつだけど、落ちるのはあっという間。
吐いたりしだすと余計に悪化する事もある。焦って体重をあげようと給餌
すると、あまりいい結果にならないのよ、と仰いました。

ああああ、焦りました。あるじが1日いないから、と給餌で体重をあげようと
しました〜〜(汗)これはあるじも判断ミス、と言ってたわ。けど同意した私も
イカンかった訳だからね。
先生もちぇりおちゃんには給餌を、と思っていたそうですが、前回ほど悪い
ような感じではない、筋肉もある、で点滴注射のみ打って頂きました。

強制給餌はそのコの雰囲気やら表情なんかも見て先生はするそうです。
だから入れてる途中でもこのくらいでストップしておこう、とか調節されるそう。
難しいのよねー、と仰ってました。
そういえばあるじがその辺はちゃんと見てるのだったわ。
「ちぇりお、前の感じみたいやから給餌しよか」とかね。焦ると判断もそりゃ
鈍りますね。強制給餌って、入れればいいってものじゃないんだと
改めて思いました。

ぴーちんも目が見えないとはいえ、光は感じる事が出来るから
ちぇりおに合わせるのは申し訳ないんですが、ちぇりおがビターッと
くっついてるもんだからゴハンも食べにくい。
夜はケージを温室に入れてたんですが、部屋が小さいのに窓が多く、
温度と湿度管理がイマイチなんで、もう1日リビングにケージ置いて
夜もリビングの電気はつけっぱなし。ライトよか全体に明るめがいいみたい。
暗すぎず明るすぎずでこんな感じ。

20081125-3.JPG

じべたに置いてるけど、下はホットカーペット。ケージのある位置を暖めてます。
省エネモード、あたたかさは2位で今のところじゅうぶん。
リビングが1番温度差が少ないし。

20081125-4.JPG

夜中の2時の温、湿度。ケージ内の後ろ、上のほうにつけてます。
30℃で湿度が50%以上ありますです。べしょんこのハンドタオルを
ケージの下の隅に置いてるだけだよ〜ん。
ヒーターは上の止まり木の下に設置してるんで、この上にいると30℃以上
あると思う。40Wのヒーターはデカいし、湿度がトンデモな事になると思うから
しばしこれでいんじゃないかな。

20081125-5.JPG

勿論空気の入れ替えはちょこちょこします。お天気のいい日は
日中湿度も10%位だけど、夜になれば50%くらいあります。
なんかビンボー臭さ丸出しな保温ですが、うち、昔からこんなんです(汗)
ムリなくムダなく出来る方法を探す・・・。セコイ??やっぱし(− −;

ちなみにぴーちぇりがおんもの時はガスファンヒーターをつけますが、
こじゃ〜ズ、ゆーちゃんのおんも時はつけません。
室温14℃位でも動いてりゃ〜寒くないみたいだし、まだ真冬じゃないし。
エアコンも古いからか?あったかくないし(− −)使用しません。

20081125-6.JPG

今日の昼過ぎのぴーちぇり。ちぇりおは下にまいたゴハンをついばみ、
ぴーちんは今のうちに!とばかりゴハンを食べておりました。
すまんねぇ、じーちゃん(T T)

肝疾患についてですが、前回は数値がゼロでなんとも言えないけれど、
6月の数値、1455というのはぶっちゃけ最悪なんでしょうか?と
先生にお尋ねしたところ、値は悪いけれども末期状態という程の値ではないそう。
でも、肝臓の数値が逆にどんどん下がってくる事があるそうな。
肝硬変とかだと、細胞が壊れて壊れて、機能しなくなると正常値を示す。
そうなるともうどうしようもないそうです。
ちぇりおも調子を取り戻したら、年明けくらいにまた血液検査をする予定ですが、
どうだろうなぁ。

とにかく、免疫力や体力をつける事が1番。ぴーちんに合わせた生活を
どーすべかな(− −;
ペレットは処方食ペレットが飽きたみたいなんで、いろいろなペレットを
あげてみたら目先が変わってちょこっと食べますんで、そうしてます、と
言うと、うん、こういう時はこだわらずに食べるものをあげてね、と言われました。

「でも、こんな感じを繰り返しながらでも生きるコは生きるしね〜」と
カルテをパラパラめくりながら先生が仰いました。
あはは、そうですねー、カルテがどーんと分厚くなったりして、とあまり緊張感
のない会話をしてたんですが、実際心も落ち着いておりました。

爆弾を抱えているとは思わない。
ちぇりおは爆弾じゃない。
可愛くてちょっと生意気で、素直じゃないちぇりおが、私もあるじも大好きだ。

ぴーちんも後ろのあんよがもう前にすっかりきてしまい、移動も大変そうです。
ちぇりおのおんもゴハンの時間がプラスされるんで、書くのが遅い私は
みなさんのところにコメント残せなくて。ごめんなさいです。
でも読ませて頂くのはとても楽しみで、気分も良くなるから、すこしづつですが
お邪魔させて頂きますね。どうかこれからもよろしくお願い致します。
ちぇりおの事を心配して下さって、とっても心強いです(^^)ありがとうございます!

にほんブログ村 鳥ブログへ web拍手 by FC2
posted by ほ〜せん at 17:26 | Comment(13) | TrackBack(0) | ちぇりおのコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえず、ほっ☆

強制給餌は難しいですよね〜。
私も何度かひなちゃんを吐かせてしまいました(><)
最近は一日に与える量が一定という事とひなちゃん自身が落ち着いているので、吐く事はなくなりました。

ほ〜せんさんの看護はとても温かくて、私も今病鳥さんを抱えているので参考になる事が多々あります。
本当は病気の時の参考だなんてイヤですよね。

でも、ちぇりおちゃん自力でポシポシ食べてくれていて、その状態で問題が無いという事であればその方がもちろん良いですよね。
このまま、ちぇりおちゃんがドンドン回復しますように。
ほ〜せんさん、休める時には休んでネ☆


Posted by お世話係 at 2008年11月24日 18:30
そうそ、一時悪い状態が続くとあっという間に
カルテが分厚くなるのよね〜、うん。
って、それは私のカルテですがな!(爆)

でもさ、ちぇりっぽ先生が言うとおり、
なんだかんだで結構生きてる子って
いるもんよ。
そればかりは神のみそしるだな(笑)

でも、ちぇりっぽにはぴーちんもいるし、
ほ〜夫婦(何か変?)もいるし、
幸せな環境だべさあ〜。

まだちゃんと自力で食えてるなら安心じゃん。
ぽぽはいつも食べてるか不安で、夜は水槽にカバーしたあと、
私は水槽にへばりついてついばむ音が聞こえるか
ずっと確認してたのさ。
その昔、10年ほど前に、ちょびという、うさぎがいて、
この子がまた子どもの頃に病気して、
ペレットを1粒たりとも食べなくなった時も、
夜カバーをかけたケージ越しに
へばりついて泣いてたなあ〜。
もう絶対ダメだと思ったけど、平均寿命までは
しっかり生きて、老衰だったからね。

ちぇりっぽが生きたいって言ってれば大丈夫さ〜。
ぶっちゃけ私はぽぽが辛そうな時、
もう一緒に死のうかと思ったことある。
でも、辛そうでもぽぽは頑張るって言ったのさ。
だから私も頑張ることにしたのさ。

世間の皆様はペットが辛そうだから一緒に死ぬ?
ありえない!っていうけど、ぽぽ先生だけは
信じてくれるんだよ、「この人ぽぽが死んだら一緒に死んじゃうからさ〜」って。
当たり前のことのようにね。


それでは、今回はちぇりっぽに
おばちゃんの寿命を5年くらいプレゼントするから〜
受け取れ〜!!←どうやって???
Posted by ちょびうさ at 2008年11月24日 19:48
バタバタしてて、ゆっくりコメントが書けないのだけれど、
先生を信じて、乗り越えてくれることを願っています。
きっと大丈夫!
Posted by 雛姫 at 2008年11月24日 22:46
うん。がんばっていますね^^
一日中そばにいてお世話をしている人よほ〜せんさんよりも
あるじさんのほうが客観的に見ることができるのでしょうね。
頼りにすべきですよ^^
ずっと見守っています。がんばって!!
Posted by りおん at 2008年11月25日 03:55
お世話係さんへ☆

強制給餌はホントに難しいですよね〜(><)
ひなちゃんはお世話係さんが状態を見て濃度や量を加減してくれてるから、今は大丈夫みたいですね!給餌もひなちゃんみたいにゴクゴク飲んでくれると有り難い!ホンマにええコや〜(T T)ちぇりおは飲んでくれないからそのうに直接入れなきゃなんで、やっぱりしないで何とかしたいです。体重は89〜90位で危ういんで、調子を取り戻すまではよく見ておかないといけないですね〜。

うーむ、このレトロな保温といい、私はとにかくアバウトですよね(汗)参考になるのだろうか(− −;

ちぇりお、おんもゴハンが気に入ったのか、待ってるフシがあります(笑)甘えたい気分なのかな〜?顔近づけたらつつかれるけど(^^;調子を崩さずに回復して欲しいです。本当にいつもありがとうねー!

ちょびやんへ☆

キミのカルテはどんだけ分厚いんじゃい(笑)ついでに薄い皮膚も分厚くならんかー!?(そりはムリっぽ)

そうだね〜、わかんないもんだよね。万が一、という事は日頃考えてないけど、その可能性だってあるのだよね。うむ、まさに神のみそしる・・・俺は白みそは苦手だ!のーみそしるとかだったらホラーじゃのう。

んだ、ガツガツは食べないけど、自分で食べてくれるからちょっと安心。うさぎさんのちょびちゃんといい、ぽぽ様といい、強いな!食べない時ってホントにへばりついてしまうなぁ。その様子が目に浮かぶ。私は助かる!と思ってたコをずーっと見てて、下の止まり木に寄りかかって寝てるから、その間にフォーミュラーをあげようと用意してケージに手を入れたら身体が固くなってるのに気が付いた。まだ抱いてやってない!ってちょっとおかしいくらい取り乱したよ。やはり過去の出来事というのは、思い出すたび辛いな。

生き物と暮らしてる人って、それほどの気持ちを持つ事も少なくないんじゃないかな。実際そんだけ大切な命なんだもん。家族を亡くして自分も死にたいって思うのとおんなじ。人だから、鳥だから、植物だから、っていうのは関係ないもんだ。そんな区別はいらないもん。

しかしぽぽ様、よくぞ元気になってくれたものだ。どうかいつまでも元気でいて欲しい。でないとちょびやんが死んでしまうー!私はちょびやんが例え生きてても、魂が抜けた状態になってしまったら、と考えるだけで悲しい。ちょびやんは強さとおんなじくらいの儚さも持ってる。
・・・って、わかったような事を言ってすまんが。

てな訳で、その寿命は受け取れねー、とちぇりおが申しておりまする。つつー。←押し返し(笑)

雛姉さんへ☆

わわわ、忙しいのにありがとうございますー!って、どうしたの!?なんかあったのかしら?気になるわ・・・。後でお邪魔致しまする!
うん、ちぇりおはきっと今回も復活してくれるわ!
Posted by ほ〜せん at 2008年11月25日 05:02
りおんさんへ☆

は、早起きさんなのでしょうか!?ビックリしました(汗)
りおんさんも寝てらっしゃいますかーー!←人の事は心配

ありがとうございます(^^)おんもゴハンは、ちぇりお結構気に入ってるようです〜!あるじは鳥さんズのお世話こそしませんが、病気や怪我などの場合は本当に頼りになります。仰るように、客観的に見る事が出来るのでしょうね。有り難いですわ!見守っていて下さる事、本当に心強いです!さー、今日も頑張りますっっ。
Posted by ほ〜せん at 2008年11月25日 05:12
ちぇりお君イイコね。
体力落ちてる時は食べることだって疲れるものね。
ゆっくりでも少しずつでも食べてくれる彼の強さに感謝です。
ほ〜せんさんもまとまった睡眠とれなくてつらいですよね。
睡眠不足は身体も冷えてきちゃうから、
鳥さんのためだけでなくご自身にも心配りを忘れずにね。

頼りになる先生でよかったですね。
まだ暫らくは心配が続くでしょうが、
独りで抱えず焦らずじっくり治していきましょうね。
ほ〜せんさんには心強いあるじさんと
経験豊富な鳥飼いのお友達もいっぱいついてるわ!

少しでもお昼寝できそうなら横になってね。
Posted by sas_p at 2008年11月25日 14:16
ちぇりおさん、そっか。
状態としていい悪いとかでなく、落ち着いてるんですね。
身体能力って人も鳥もそれぞれ違う。
内臓や外部器官も全部違ううえに、意識の持ち方も思考回路も違うから。
その対処は目の前で決まるのが当然だと思うわ。
そしてその場と、家族のありかたと、なにしろ複合的なことだし、一定じゃない。
ほ〜せんさんとあるじさまがその都度考えてやっていること全てがその時のベストなのよね。
で、今ちぇりおさんに特化した環境がちぇりおさんを守ってる。
ちぇりおさんは持久力に優れたオカメさんなんだわ。
ちぇりおさんの普通がどんな状態だって最高のちぇりおさんであることに変わりないって言える。
そんなほ〜せんさんたちだからダイジョブだね。
クロエの食べっこ念を込め続けながら応援してます。
ただねぇ、ほ〜せんさんにはどっちかいうと、自分の身体のこと(も)本気で労っていただきたいッス。
いっちゃん大事な核になるところですから…そこ、ひとつよろしくお願いします。
Posted by かつをどり at 2008年11月25日 14:24
前回、前々回の記事も読みましたよ!!
ほ〜せんさん、皆さんに励まされてて何だか私まで元気をもらいました!!
ほ〜せんさんとあるじさんの頑張りを見て心がギューっとなってしまいました・・。
先生の言葉は魔法のように心を軽くさせてくれますよね。
ちぇりお君の頑張ってる姿とってもカッコイイです!!
スミマセン、私も言わせてください!
「頑張れ!!」
Posted by きなこもち at 2008年11月25日 20:45
ちぇりおくんがほ〜せんさんちのコで本当に良かったと思います。
先生もちぇりおくんの事をよく分かって下さってて、ちぇりおくんに
一番良いと思う方法をアドバイスしてくれるんですね。
これは心強い事です。

おんもごはんも、色んなペレットも、ちぇりおくんの食べるという
意識を向上させるための工夫で素晴らしいですね。
ちぇりおくんもごはんを自分から食べて偉いです!
いいこいいこのご褒美をあげたいです。

ほ〜せんさん、ちぇりおくんの事が心配でしょうけれどご自身の
ことも労ってあげて下さいね。。
日曜にはさくらやまめたんたちに「ちぇりおくんのことを
見守ってあげて下さい」とお願いしてきましたよ。
Posted by よしこ at 2008年11月25日 21:55
sas_pさんへ☆

しんどい時は食べる事も疲れる・・・。あ、だからちぇりおはおんもゴハンの時、ゴハン入れのふちを噛んだりバラバラーッと掻き出したりするのだわ!しんどいし、イライラするんでしょうね。おお、言われて気付きましたわ!それでも少しは食べてくれるちぇりお、えらいなぁ。しかしイマイチ食べが悪いのは何で・・・と思ってたんですが、ちょっと気になる事があるのでした。ぴーちんに合わせてるみたいです。ぴーちん、あんよが使いづらくなったのもあってか、あんまり食べないんですよ。で、ちぇりおはそれを見て何かしら考えてるような・・・(汗)このひとたち、どこまでリンクしてるのかしらーー!!ふ、複雑な心境でございます(T T)

私が倒れちゃどうにもならないですよね。寝不足ではないんですが、ムリしておっけーなトシじゃないし(^^;ありがとうございます!sas_pさんもロン君の事で心配もあるのに・・・。申し訳ないやら有り難いやらで何と言えばよいのか(T T)自分の身体を過信せずにペースを作って頑張りますね!

かつをどりさんへ☆

ちぇりおのおんも時間などでの様子を見ていると、そんなに危険な感じはしないから、やっぱり落ち着いてる状態なんだと思います。ただムラはあるんですよね。日によって違うのです。ベストでありたいんですが、なかなか・・・。よりベターであるように、とは思って対処してるつもりなんですけども、落とし穴あったようです(汗)
ぴーちんの後ろあんよの1本、もう完全に前にきてしまって移動も大変らしく、食べが落ちていて。ちぇりおはぴーちんが食べないなら俺も、てなことになっておるようです。
ぴーちんとちぇりお、2人で1人なんだわ、と改めてその愛の深さを知ったような気がしますが、これ、どーすべかしらと(− −;
クロエちゃんの食べっコ念、ちょいとぴーちんにも分けさせて頂きますね!

うう、確かに確かにでございます(><)ヤングなトシなんぞとうに過ぎております故、自分の身体はしっかりさせておかないとですね。この辺、あるじも忘れがちになるもんですから、2人して気をつけます!ご心配下さって本当に有難うございます!

きなこもちさんへ☆

ここんとこお邪魔してなくてすみませんー(><)
ホントに皆さんにはパワーを頂いておりまする!きなこもちさんにも勿論もらってるのですよ〜(^^)有難うございます!先生の言葉は、ホントに心を軽くさせてくれますわ〜。人間同士の相性もあるから、先生とソリが合わないと思ってたらどんなに名医でも治療は上手く行かないものだと思います。きなこもちさん宅のかかりつけの先生は確か優しい小嶋センセでしたよね。(って本でのイメージですが)

ちぇりお、頑張ってくれてます。で、ぴーちんも頑張ってくれてます。このひとたち、どこまでも一緒なのだわ〜。

よしこさんへ☆

ぴーちぇりは、ここの先生に診て頂いてまだそんなに年数経ってないんですよ。10年以上前は近くの病院がそのう、糞便検査なんかはしてくれるんで、そちらの方にお世話になってました。悪くはないけれど、やはりよりよい所がいいですよね。今の先生は本当に何でも話せるし、とても感謝しています(^^)

ちぇりお、おんもゴハンは気分転換にもなるのか、気にいってるんですが、どうも食べがイマイチで・・・。おかしいなーと思ってたら、あんよが使いづらいぴーちんがこれまた食べが悪いんで、自分も遠慮してか食べない・・・という事になっておるようです(汗)ちぇりおと共に、ぴーちんも頑張っているんですね(T T)

私も若くないんで、無理しちゃイカンですよね(><)
睡眠はとれてるんですよ〜(^^)風邪ひかないようにしないとですね!
さくらちゃんやまめ君達にお願いしてきて下さったなんて!
ううう、嬉しい・・・。涙が出ます。本当に、本当に有難うございます!
Posted by ほ〜せん at 2008年11月26日 04:54
ほ〜ちゃん、こんばんは、その後ちぇりおたんはどうかな?
やっと今日は母からの電話もなく、カキコが出来ます。

確かに体重が減ってくると、焦ってご飯を入れてしまいがち
だよね。私もそうだったなとほ〜ちゃんのブログ読んで
反省させられました。やっぱり、専門家にまず見て貰うのが
何よりなんだね。筋肉のつき方が触ってわかるように
なりたいな。小桜達はまだ触れるけれど、ミルキーとかは
無理かな(^^;; 

実はさ、うちのも肝硬変なんだ… 肝硬変から食道静脈瘤が
出来てそれが破裂して大量の吐血して生死をさまよってから
17年が経ちました。私がこんなになってから、うちの
病院にもかかっていないんだよね。ずっと高かった肝臓の
数値が、この頃正常になってきてるの… 会社の健康診断で…
まあ、黄疸がひどかったのが、最近は顔色もいいので、
多分大丈夫だとは思うけれど、私自分がこんなんだし、
毎日綱渡りの気分です。 でも私も元気な頃もうちのが
爆弾だなんて思ったことは一度もなかったよ。明日
何が起きるかわからないのは皆同じだよね。ちぇりおたんも
ほ〜ちゃんとあるじさんの愛情で、肝臓のハンデと共存して
ぼちぼちやっていってくれると思います。
ほ〜ちゃん、風邪ひかないようにね。心配して家に来て
くれて有難う^^
Posted by 雛姫 at 2008年11月26日 20:31
雛姉さんへ☆

ねーさんこそ忙しいのに、コメント本当にありがとうございます(T T)ちぇりお、88〜91グラムあるかないかですわ。ただ、雰囲気は危なげではないんですよ。日によってムラはあるけども・・・。昨日はぴーちんの方が食べが落ちてしまって、28グラムに。ちぇりお、ぴーちんが食べないなら俺も、ってな感じなのです。どうにも複雑な心境(泣)
で、ぴーちんはさっき計ったら31グラムで、ちょっとホッとしました。ちぇりおはいろいろ食べさせて89が91に。
とにかくぴーちぇりは様子が気になるところです。
筋肉、ゆーちゃんは仰向けにひっくり返すのに慣らせていたのよ。だからお腹触らせてねーといいつつ骨から指を滑らせるようにしてチェックするんだけども・・・。痩せ気味なのよね。こじゃ〜ズもそう。体重はあるけど痩せ気味。ぴーちんは痩せとる(T T)

旦那様、肝硬変なの!?でも17年経ってるのよね?で、今は顔色もいいのよね?そしたら数値が下がってきてるのはよくなってるって事のはず。でなかったら顔色よくならないもん。どうにもならない状態になったら、状態も見ただけでわかるらしいよ。
少しのズレを感じたり、気持ちがすれ違ったりするのはみんなそうだよね。お互いが完璧に分かり合えるなんて、ないんだもん。それでも、乗り越えて今の生活がある。ねーさんも旦那様もとても心が優しい、素敵な夫婦じゃないですか!

ホントに、明日何が起きるかわからないよね。
でも、生きるコは生きる。生きる人は生きる。そんなもんだよね。どーも私は1人でしぶとく生きて、寂しいばーさんになって寂しい死に方しそうなんだよね(− −;
さ、さいあく(汗)

うん、ちぇりおはぼちぼちやっていってくれると思う。
ぴーちんはじーちゃんなんで、何をどうする訳にもいかんのだが・・・。
Posted by ほ〜せん at 2008年11月27日 04:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110129544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。