2008年11月21日

ふんばれ

お天気がいい日、窓の桟はゆーちゃんの指定席。
少々風が冷たくてもおひさまのあたたかさがいい。

のんびり羽繕い。


20081121-1-1.JPG

ちぇりおの体重は90g位。うんPも尿が多いので昨日は朝、晩と強制給餌。
食べが悪い。
1日を通して90〜91、2というのは思わしくない。
世間は連休、あるじは明日仕事。しかも泊まりで帰宅は日曜の夜。
ちょっと体重を上げておこうかと考えて今日の朝も給餌。
・・・したのだけども。

強制給餌、私1人でもあるじ1人でも難しいので2人で1人ってとこ。
もがくちぇりおの身体を変に押さえつけないように、かつ固定して
顎を持つのが私。
ちぇりおのクチバシをこじあけてチューブをそのうに入れるのがあるじ。

「あー、血が」

ちぇりおのクチバシの根元辺りから少し出血。
昨日の夜も「どうも入れにくい」と言っていたあるじ。
前回もこすれてしまったから、それは仕方ないやん、と
血が止まった事を確認してちぇりおを落ち着かせてケージに戻す。

昼の体重、90g。うんPは給餌分・・・か。

付け根が痛いのもあってか、ちぇりおは食べない。
昼過ぎ、あるじからメール。
「ちぇりお大丈夫か 傷は?重大なミスを犯してしまってすまない
すまないですまんのは判ってるが」

重大?いや、前回も私が1人で給餌に挑戦した時やらでこすれたぞ。
ミスじゃないから気にしない!入らないから仕方ないやん、と返したが
返事はなく。

夜、帰宅してもしきりになにやら言うのでよくよく聞いてみると
自分の指の爪がクチバシの付け根を傷つけてしまったのだという。
給餌中って、神経集中させるから仕方ないやん。
誤って気管に入ったら即アウト。私だって知らぬ間にちぇりおの目の近く
までぐっとしてしまったりするよ?かなり怖い事やってんのよ、私達。

「いや、俺な、ちぇりおのクチバシが指に刺さって痛いのを避けようと
思ってしもてん。常日頃から人の気持ちを考えん奴はサイテーや、とか
いうてるくせに、ちぇりおの気持ちを考えんと自分が痛い方を優先に
してしもたんや。そんな自分が情けなくてどうしようもない」

背中を丸めて、後ろを向いたまま。声にわずかに震えを感じる。

今までなら私は必ずつられてしぼんでいた筈であろうこのシチュエーション。

ははは、だいじょぶ!

今、自分を責めるのはやめようよ。
私もよわっちいなりに頑張ってるつもり。
ここで2人共へなんとなったらどうなんの。
つられてロクな事ないの、わかってる。
ちぇりおもあるじが苛めようと思ってしてるなんて思ってない。
給餌もあるじがいるから出来るんやん。
誰が私と鳥達を食わせてくれてんの?
必死に働いてくれてるあるじのお陰やん。
そんな事言うのは今後やめてな。もう、この話はおしまい!

根本が強いあるじ、しっかりと立ち上がってくれました。

20081121-1-2.JPG

とは言え傷の事もあってか、ちぇりおは食べない。
給餌どうすべきか。入院させたとしても、今はもちなおしても
家に帰ればまたちょっとした事で体調は崩れる。
肝疾患って、そういうものみたい。その都度対処しかない。
病院でも看護は同じ。給餌、投薬、保温。そこに点滴注射が入る位。

病院に電話して先生に聞いても、やはりそう答えられました。
ならば、うちで。
ただ、点滴注射はしてもらおうかと。
これは栄養を与えるものではないそうです。血の中の汚れなんかを
薄めて、排出させる事でしんどさを和らげる、みたいな役割だそうな。
初回に打ってもらったのだったわ。

もががないなら給餌した方がそりゃいいです、と言われたけども
いや、もがくよーーー(汗)

なもんで、ちぇりおの様子と体重、うんPを見つつ
明日点滴注射を打ってもらいに行こうと思います。
うーん、食ってないな。もつかな、ちぇりお。


20081121-1-3.JPG
ゆーちゃんの話じゃないの?

うん、ちぇりおはしんどそうだから写真は撮ってないのね。
だからゆーちゃんに任せたんだよ。

あんまりヤバそうなら給餌せな!

にほんブログ村 鳥ブログへ web拍手 by FC2
posted by ほ〜せん at 22:01 | Comment(11) | TrackBack(0) | ちぇりおのコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がんばれ!がんばれ!がんばれ!
もうじゅうぶん頑張ってるのは解ってる上で、
それでもこの言葉を言わせてください。

ちぇりお君は幸せですね。
病気でつらいのは可哀相だし悲しいけれど、
こんなに愛されててとっても幸せな子だと思いました。
あるじ様の心の痛みわかります。
うちも私が保定かかりで相方がチューブを入れ強制給餌しました。
この子のためと思っても、嫌がるのを押さえつけて管を身体に入れる行為は
上手く出来たとしても嬉しいことじゃない。
しなくて済むならしたくないですよね。
不具合でてしまったら尚のこと、自分を責めてしまうのもわかります。
でも、あるじ様とほ〜せんさんの愛ちぇりお君絶対解ってる。
絶対伝わってるから!
彼の快復だけを信じて、絆を信じて頑張ってください。
大丈夫!
前も書いたけれどカークン@オカメは70g以下になっても復活しました。
ずっとずっと応援してるからね!
あるじ様とほ〜せんさんはステキなご夫婦ですね。
鳥さんもみーんな。。。あったかい家族だ!
ゆーちゃん、みんなを頼むね。

明日、あったかくして気をつけて病院行ってきてください。
がんばれちぇりお君!!!
Posted by sas_p at 2008年11月21日 22:42
ほ〜せんさん、大丈夫???

とっても心配で心配でたまらない気持ちは痛いほど分かります。
自力で食べれていなくて、給餌に頼っている状態というのは本当に辛いですよね。
ちぇりおちゃん、この急に冷え込んだ事と空気が乾燥しているとかでも体調がすぐれないのかしら?

明日は病院なのですね。状態が少しでも改善するといいですね。お祈りしています。

そして、あるじさんは心の痛みが分かるとっても温かい方ですね。
小さい命の事をとても大切に、真剣に考えていてくれる。
ほ〜せんさん宅の鳥ちゃん達は幸せですね。
とてもとても幸せだと思います。

ほ〜せんさん、今夜はちぇりおちゃんの事で眠れない夜かもしれませんが、少しでも寝れる時に寝て下さいね。
倒れてしまったら大変です。

私も、ひなちゃんが危ない状態で水すらも飲めなくなった時は朝が来るまで長くて長くて辛い思いをしました。
でもそんな状態でも仮眠は少しとっておりました。
少しでも睡眠をとっているだけでも頭は冷静さを取り戻すので、寝れる時には眠って下さいね。

ほ〜せんさん、くれぐれも無理しないで下さいね。
Posted by お世話係 at 2008年11月21日 23:12
私も始めに浮かんだ言葉はこれしかありませんでした。
頑張れ、頑張れちぇりおさん!
きっと全国でみんながそう思って応援してるよ。

あるじさまはそうやって自分をまっすぐに見つめられる強いひとなんです。
ひとに優しくあるためにそれだけ頑張れるかたなんです。
ほ〜せんさんのおっしゃるように、凹んでたら世の損失です。
ちぇりおさんやゆーちゃんたちにとっての大いなる損失になります。
でももう、あるじさまらしくされているのしょう?
とても大変で難しい処置をするために、優先されるべきことをなさってる。
こういうことって、どこかで何かしら我慢や犠牲がある。
おふたりはそれもご承知で、それでも一番大事なことを見失わない方たちです。
おふたりの愛情が何もかも助けてくれると信じています。

ゆーちゃんのお腹の羽軸のラインがとっても綺麗ね。
つよいこゆーちゃん、ゆーちゃんの力がみんなを守ってくれる。
私も及ばずながらずっとずっと応援させていただきます。
どうか頑張ってください。
Posted by かつをどり at 2008年11月22日 00:38
ちぇりおちゃん、ほ〜せんさん、あるじさん
どうか、どうかがんばってください!!
今、何をすべきか、冷静になって考えられる余裕を持ってくださいね。
ほんの少しでいいから。
わたしも、念を送りながら応援しています!!
ゆーちゃん、みんなを見守ってね。
Posted by りおん at 2008年11月22日 01:46
あるじ・・・←すでに呼び捨て??
いいやつだな。

動物を飼っている(という言い方は好きではないが)家庭は
たくさんある。
ほぼ多くの家庭では「うちのペット」
「うちで飼ってる子」
という認識が多いと思うし、まあ多分間違いとはいえないと思う。

でも、本当に、猫かわいがりで可愛がるのでもなく、
当たり前に家族として見ることの出来る人たちもいる。

・・・下僕になれる人も若干いる。
(なるなよって?)

獣医でさえ、治療には悩むもの。
治療に効果がないと、悩むもの。
人間の医者だって多分同じでしょう。

最終的に、その命の保持者が
決めるんだと私は思ってる。
どんなに弱っても生き続ける、
その力がどこにあるのだろうと
驚かされる子もいる。
ちぇりっぽ、がんばってるんだな。
だってこんなに応援されてんだもんな。

たくさんのパワーがちぇりっぽに
届いているはず。

看護しているときは本当に悩むさね。
ぽぽは赤ん坊だったから尚更
血検何かも出来ず、
治療は限られていて私はどうしたらいいのか、
本当に辛かったしな。
あのときの辛さは忘れられないんだよ、いまだにね。
だからどんなにガブリされても許せるんだよ。

って、なんだか何いってるのかようわからんが・・・
少なくとも、ほ〜ちゃんには同じように
ちぇりっぽを愛してくれるあるじがいて、
よかったなと思う。

まったく関係ないのだけど、
ああ、こういうのが、結婚するときに誓う、
辛いときも幸せなときも共に・・・ということなんだな、
と思わせてくれる2人さ。
若干羨ましい、こういう状況下でなんだけどさ。

ちぇりっぽ、おばちゃんがこっから
しょちゅう念を送ってるから。
ぽぽのガブリパワーと共に。
だから受け取ってくれよ〜。
Posted by ちょびうさ at 2008年11月22日 11:42
ちぇりおくん、頑張れ!
ほ〜せんさんあるじさんも一緒に頑張ってくれてますからね。
優しくて強いあるじさんとほ〜せんさんがちぇりおくんの家族で
本当に良かったとこの日記を読んで思いました。
ちぇりおくん、幸せですね。
きっとお二人の気持ちはちぇりおくんに伝わっています。

今日は病院に行かれたのでしょうか。
点滴注射はまるこも打ってもらったことがありますよ。
投薬より効き目が早く出てびっくりした覚えがあります。
ちぇりおくんも点滴注射を打ってもらってしんどいのが少しでも
落ち着くといいですね。

ちぇりおくんもですがほ〜せんさんも無理はせずお大事になさって下さいね。
私もちぇりおくんが良くなるようにお祈りしています。
Posted by よしこ at 2008年11月22日 16:58
ごめんね、昨日かえって来るのが遅くって、書けなかった…

ほ〜ちゃん、病院お疲れ様でした。ちぇりおちゃん、
点滴受けて、大丈夫なんだね。よかった、よかった…
家もミルキーがご飯を食べなくなって、一年間ポンプに
よる投薬を朝晩に続けたけれど、開けてくれない口を
こじ開けるのが私の役目で、「ごめんね、ミルキー」と
思いながら、やっぱり噛まれたら痛かったです。
そういうのって人間の反射神経的な防衛本能なんだろうと
思います。あるじさんが悪いわけではないですよ。
一生懸命ちぇりおちゃんのことを思ってくれて、とても
いいご主人様ですね。大丈夫、二人の思いは誰よりも
ちぇりおたんに届いているからね。私も強制給餌するけれど、
一人で出来るようになるまでは、私の給餌のせいで、虹の橋に
送らなければならなかった子もいました。そういう経験
つんで、前に進めるんだと思うもの。
あるじさんに引きこまれずに、切り返せたほ〜ちゃんは
立派なママだね^^ 直接は何もしてあげられないけれど、
いつもほ〜ちゃんとあるじさんのことを応援しています。
子供達の頑張りにも、一生懸命拍手を送ります。
負けないで、ちぇりおたん、ほ〜ちゃん、あるじさん!
Posted by 雛姫 at 2008年11月22日 22:36
sas_pさんへ☆

本当にちぇりおは頑張り続けてくれています。今まではね、頑張れ、頑張れってどのコが調子を崩した時も言ってたんですよ。だけど、よく考えたら調子悪くてしんどいコ達って、みんな文句も言わずにひたすらしんどさや痛さに耐えてくれてるんですよね。そんなコにあえて頑張れって言えないなぁ、と思って、ちぇりおには頑張れとは言ってないんです。頑張っとるね、えらいなあって言ってます。ホントにそう思うし(^^)

強制給餌、しないですむならほんとにその方がいいですよね。先生とも給餌に関して、色々お話したんですけども。sas_pさん宅でもお2人で給餌されたんですね。
ロン君、強い!あまり人にベッタリしないコなら、余計にお互い辛かったのだろうなぁ(T T)
あるじは仕事での疲れもあるから、余計に自分を責めたんだと思うんですが、私と違って気持ちの切り替えが早い!こういうところ、やっぱり有り難いですわ〜!

ちぇりおはまだ状態は落ち着いた感じはないんですが、時間をかけておんもゴハン、で食べてもらいますわ!給餌は体重プラス表情なんかで判断しようと思います。難しいのだわん。

お世話係さんへ☆

一昨日、昨日は流石に眠かったです(^^;
人間、ふんばらなきゃいかん時は何とかなるもんだなぁ、とか思ってみたり。ちぇりおはね、体重こそ危なっかしいものの、前回の調子の悪さよりはマシなのかもです。筋肉が前は落ちてたのに、今回はまだある。おんもで休み休みゴハン、をちょくちょくしながら様子見です。給餌は、どうも焦ったりするとせっかく上向きだったのがドゴン、と落ちたりする事もあるらしくて。こうなるとなかなか回復しないそうなんですよ。入れたらいい、ってものじゃないのね(泣)

ひなちゃんがお水も飲めない状態の時、どれほど心配だったか、本当によくわかります。
でも看護する方が倒れちゃダメですもんね。私もちょこちょこ寝てますです〜。病院の帰り駅の鏡見たら目が血走ってて怖かったけど(− −)

かつをどりさんへ☆

ちぇりおは本当に頑張ってくれています。元気さは見られないんですが、いろんな事を我慢して、耐えて。逞しいなぁ。

あるじは仕事も忙しいし、やっぱり疲れが溜まっているのだと思います。強靭な精神力を持つ彼ですが、変に気落ちすると自暴自棄になりがちなところもあります。人間完璧じゃないから、それも勿論アリですよね。この後いつものあるじに戻りましたよー。「仕事行きたくね〜」と(笑)。
気持ちの切り替えの早さは本当に有り難いです。

ゆーちゃん、つよいこですわー。ゆーちゃんの態度に不安や心配がなさそうなところを見ると、うん、私達も大丈夫なんだわ、って思います。ただ、ちぇりおを心配してるかというとそーでもなさそうorz
そんなところもゆーちゃんらしくて、やっぱりこちらの力になりますね。有り難い事です。
ちぇりおはなかなか回復は難しいみたいです。こういう事を繰り返しながら生活していくのではないかな。状況判断を誤らないようにしないと、ですね!

りおんさんへ☆

ありがとうございます(^^)そうなんですね、冷静な判断は気持ちに余裕がないと出来ないんですよね。今回もあるじが1日家を空けるという事で、体重をあげておこうと思ったのが失敗でした。それはあるじも私も思ったんですが、先生にも「焦って給餌、とかした場合、いい流れできてるのがドン、と落ちたりします」って言われたんですよ。
ああ、確かにー!ってっ先生に言ってしまいました(− −;

ゆーちゃんはみんなを見守ってくれています〜。
いつもの調子で元気でいてくれて、甘えっコで。ゆーちゃんの目が澄んで、強い力を持ってくれている事が私達の力になっています(^^)

Posted by ほ〜せん at 2008年11月23日 21:33
ちょびやんへ☆

コメント読んでてじわーっ。
・・・てところで鼻水噴出させてくれてありがとう(爆)
おお、あるじも呼び捨てで構わん(笑)

そうだなぁ、最終的にはその命の保持者が決める事。
例えば末期ガンに侵された子供や生き物。
親が頑張れ、よくなるよ、といい続けると、ひたすら頑張ろうと物凄い力を出す。どんなに辛くても生きようとする。そんな子が、もうムリしないでいいんだよ、って言ったとたんに息を引き取るって事はよく聞くよね。親の事を心配して、親の期待に応えようと頑張るんだ。

ちぇりおは頑張っている。頑張れってこっちが言わなくたって、じゅうぶんすぎるほど頑張ってるんだから、頑張れ、じゃなくて頑張ってんなー、と頑張りを誉めてる。

それぞれの命は、生まれた瞬間から期限は決められてると思うんだ。それぞれに使命があって、それを全うしたら天に召されるのだと。短長じゃないと私は思っている。
ちぇりおの、他のコの、私の使命はそれぞれ違い、でも意味があって繋がりがあるのだと。
だからと言って諦めてるんじゃないんよ。ちぇりおが頑張ってる限り、私達も頑張る。

私はあるじに助けられてる事が多いけど、1人だったら泣いてるだけかもしれんな。
ぽぽ様はちょびやんのところに行くべくして生まれたコだよ。辛くて心配して、元気になってくれたコ。ガブが嬉しいって思えるちょびやんだから、ぽぽ様がちょびやんを選んだんだよ。このひと、ぽぽの下僕にもなるわ!っていうのもわかって来たんだよな〜。

あるじはいい奴さ。
たまたま男だったってだけで(笑)男でも女でも、どっちでもいいよね。ちょびやんが言ってたように。
そういうちょびやんだっていいやつじゃねーか。ありがとうね!

よしこさんへ☆

ありがとうございます!ちぇりおは本当に頑張ってくれています。まるちゃんも点滴注射を打ってもらった事があるんですね。ちぇりおも打ってもらった時、調子が良くなりました。今回も打ってもらって、少しラクそうになったんですが、バリバリ元気!にはまだ程遠いかなぁ。
給餌もちぇりおの場合、しすぎると余計調子が悪くなるみたいで。時間をかけておんもでゴハン、をちょくちょくしないと食べないんで、ゆっくりと時間を取る必要があります。
でも、ちぇりおも甘えたい気分みたい。いつもならぴーちんがケージにいたらすぐ帰りたがるのに、私の肩やらでうつらうつらしながらポシポシ食べてます。顔を向けるとつつくところは相変わらず(^^;
そんなところもちぇりおらしいですよね。

お祈り、本当に有難うございます!

雛姉さんへ☆

病院行って来ましたよ〜。給餌もしてもらおうと思ってて、先生も「ちぇりおちゃんは給餌を・・・」と思ってらしたんですが、様子と筋肉がついてる事などから、今体重をあげる為に給餌するよりもおんもでゴハンの方がいい、と言われました。
給餌は、先生ともいろいろ話ししたんですが、やはりムリに飲ませる訳だから、ただ入れればいい、ってものじゃないんですね・・・。あるじもいないという事で、焦りがありましたがこれは失敗でしたわ。
私は給餌する側でないけど、1人でした時は気管に入らないように、とそっちに気がいってしまって、知らずにえらい力入ってしまい、クチバシの根元がこすれてしまったし。
でも、ほんとにいろんな事の積み重ねを糧にしていかなくちゃですね。

まだまだへなちょこですが、頑張ります!いつもねーさんに励ましてもらって、心強いです!本当にありがとうございます(^^)

Posted by ほ〜せん at 2008年11月23日 21:36
大好きなほ〜せんさんとあるじさんがいて・・・
相棒のぴーちんと、そして、ゆーちゃん、こじゃーず。
家族に囲まれてるから、ちぇりおくん、頑張れるんだっ!
・・・心からそう思います。

病院とほとんど、同じ看護をおうちでできるって、すばらしい!
だって、そのほうが、ちぇりおくんにとっても幸せだもんね。
おんもでご飯も、みんながいてくれるからこそだって思うし。

また、ぴーちんにちょいとうざがられるちぇりおくんがきっと見られるね。

ほ〜せんさんと、あるじさん、お2人が元気だからこそですから、
くれぐれも、体調には気をつけてくださいね♪

そして・・・
陽射しをあびて、考える人ゆーちゃん、風格あって、
かっこええわ〜^^
Posted by ばっけ at 2008年11月24日 16:00
ばっけさんへ☆

きゃ〜、元気ですかーー!コメントありがとうございます!たらぼっちゃんも元気かしらっっ!そろそろお休みから復帰かな?むふ〜ん♪

ちぇりおはホントに頑張ってるなぁ、と思います。おうちにいるっていうのはやっぱり安心できるのかな(^^)
こじゃ〜ズとゆーちゃんは心配してなさそーなんだけど、そんな日常に慣れてるものね(^^;

んにゃ、病院だったら保温とかはバッチリだし、状態を見て給餌もしてくれるから、安心だと思うわー。でも心細いと思う。知らない場所、知らない人・・・。入院してるコはみんな不安なんだろうね(T T)
うちはやや温度が下がってしまったり〜とかで完璧じゃないんだが(汗)、側にいられるという事で私も安心できるのね。時間を取られるけど出来るのは、あるじの、みんなのお陰です。有り難い事ですね!
ありがとうございます、私もあるじもぶっ倒れないように休む時はだら〜っとしておりまする(^^)

いや、それがね、ちぇりおがズプのペレットを食べる時、カケラがぱしっ!っとぴーちんに当たったりしてるよ・・・。
じーちゃん、めっちゃウザ!と思ってるのでわ〜(− −;
とりあえずちぇりおの代わりにごめん、って謝ってます。

ゆーちゃん、かっこええと言ってもらえたよー!良かったねぇ♪・・・鼻カイてるだけなんだがの(笑)
Posted by ほ〜せん at 2008年11月24日 18:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。