2008年09月11日

ころんちゃんへ

見返りころん
20080911-1.jpg

いいこいいこでウットリ揺れるハート

uttoricoron.jpg

ころんちゃん、元気ですか?
ころんちゃんが虹の橋を渡って2年と5日が過ぎましたね。

えー、5日過ぎてごめん(汗)
書こうと思ってたんだけどちゃっくんケガしちゃったりで。
忘れてた訳じゃないからね。
調子が悪かったりケガしたりといろいろあるけど
みんな今のところ元気です(^^)

普段はころんちゃんの事、心の引き出しにしまっているから
慌しく過ぎて行く日々に埋もれているけど
ふとした瞬間に引き出しがスッと開きます。

ころんちゃんのふかふかな羽。

ころんちゃんの可愛いおしゃべり。

ころんちゃんのいい匂い。

まだ感じ取れるんだけど 少しづつ少しづつ
薄れていってしまっている事も判る。

フォレスト・ガンプという映画の中で
フォレストがジェニーのお墓の前で話しているシーン。
「君に逢いたいよ(恋しいでしたか)」
このシーンを観る度に泣いちゃって。

虹の橋を渡ったコ達は後悔はどこかに必ずあるものの
受け止められたし
精一杯は伝わったかなと思うのね。

でもころんちゃん、突然逝ってしまうんだもん。
あるじは前日残業で、ころんちゃんと遊べなくて。
まさか次の日の朝お別れするなんて思いもしなかった。
あるじはこの事を今でも後悔しています。

でも、ころんちゃんはあるじの事が大好きだったから
あるじがいたらものすごいショックを受けるだろうと
見せないでお別れしたんだと思ってる。

私との関係も良い方へ向っていて
さあ、1からやり直し!ころんちゃんがお家っていいな、って
心から思ってもらえるように頑張るぞ!

・・・そう思っていた矢先だったから。

物事はすべて偶然ではなく必然。
命あるもの全て、その使命を終えた時
魂は天に昇る。
喜ばしい事なんだよね。
それはよく判ってるんだ。

ころんちゃんは私達との絆を感じてくれてたのかな。


シンクロしてる(笑)
う〜ん、前の家はまだ綺麗だったんだな〜(笑)


ゆちころしんくろ.jpg

まだ幼いゆーちゃんと一緒にカジカジ。

ゆちころかじかじ.jpg

離れてカジカジ。
ゆーちゃんはころんちゃ〜ん、って
寄ってったけどころんちゃんはゆーちゃんが
苦手だったね〜(^^;;


ゆちころ離れてかじかじ.jpg

輪ゴムを散らかすのが大好きでカミカミしながら
鏡を見るころんちゃん。ナルちゃんだったね(笑)


輪ゴムちらかしころん.jpg

ゆーちゃんは忘れた頃に「ころんちゃん」って言うよ。
思わず辺りを見回してしまう。

ころんちゃんに逢いたいけど
どうやら私は当分逢えそうにないや。
愛しい者全てを看取らなきゃ。
そしてその度に残された者の辛さや悲しみに
耐えなきゃいけないみたい。

私のグリーンマイルは本当に遠いんだろうな。

penkazikameramesencoron.jpg

輪廻転生があるのなら
ころんちゃん、自分のなりたいものに生まれ変わってね。
ころんちゃんの人生だもん。

生まれてきてくれてありがとう。
うちに来てくれてありがとう。
沢山の事を教えてくれて本当にありがとう!
へなちょこさはあんまり変わってないけど
ころんちゃんのお陰で随分強くなれたんだよ。

***********

ころん モモイロインコ ♀
1997年生まれ(多分)
事情があって手放さなければならない方の所よりお迎え。
2000年7月15日 家族に。
2006年夏頃右足を痛め、左足でカバーして歩くので
左足が腫れ、リングを病院で外してもらう。
体重が重く、細い足で身体を支えるのでかなりの負担
だった筈。
止まり木を変える事も怖がるのでケージのレイアウトは変えず。
2006年9月6日
朝起こしてころんちゃんとゆーちゃんのゴハンを用意していると
「キャッ」という声。様子を見に行くと
ゴハン入れに顔を突っ込むような体勢で
両羽を広げたころんちゃんが。ケージからすぐ出して腕に抱き
ころんちゃん!と呼びかけるも瞬く間に息を引き取る。
享年9歳。可愛い可愛い私達の家族。

にほんブログ村 鳥ブログへ web拍手 by FC2
posted by ほ〜せん at 21:06 | Comment(11) | TrackBack(0) | ころんちゃんのコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事を読みながら、ボロボロ泣いてしまいました。
今も涙が止まりません。

ゆーちゃんも、きっところんちゃんの事忘れていないのでしょうね。

ころんちゃん、ほ〜せんさんのお宅に来て、絶対、絶対幸せだったと思いますよ。
Posted by お世話係 at 2008年09月11日 22:22
ころんちゃん、今は苦しみのない
虹の橋できっと楽しく暮らしていますね。
同じく虹の橋にいる私の可愛い子供達と
一緒に…私この春に続けて4羽のインコを
見送りました。後悔ばかりがのこって
泣いてばかりいましたが、遺されている
子達のために踏ん張りました。
いつか私が橋を渡って逢いに行くのを
きっといい子で待っててくれると思います。
ころんちゃん、ほ〜せんさんのお子さんに
なれてよかったね。ゆーちゃんの中にも
ころんちゃんは今でも生きていると思います。
愛しい子供達へ、これからも前を向いて
頑張りましょうね^^
Posted by 雛姫 at 2008年09月11日 22:34
モモイロちゃんもいらしたのですね・・・
ころんちゃん、とってもかわいい!
ほ〜せんさんのところに来て、とっても幸せだったのね。
お顔にちゃんと書いてあるもの。

後悔はかならずありますよ。
でもきっとわかってくれていると思います。
わたしも涙、止まらないーTT
Posted by りおん at 2008年09月12日 00:58
ころんちゃん。
とっても可愛いコですね。
もし物事が必然であるのなら、ころんちゃんはほ〜せんさんと会うべくして生まれたということね。
短い命だった、あるじさまとのお別れはなぜそうだったか。
そんな哀しみとなぜ引き替えにしなければいけないのかと…
どうしても問いたくなりますが、ころんちゃんはそれだけ尊い意味を持ってやってきたコなんだと思います。
とてもとても長い時間を家族と歩むための力を、そっとくれたのだと思います。
思い出すたび、もっと家族がひとつになれる。
いつか会えたら、そのあとはずーっと一緒。
それまでほ〜せんさんとご家族の気持ちを大切に、そして幸せに思って見守ってくれているわ。
Posted by かつをどり at 2008年09月12日 10:45
お世話係さんへ☆

あああ、ひなちゃんが心配な時なのに
ごめんなさいね。お疲れでしょうに・・・。
そしてありがとうございます。

ころんがうちに来た時、可愛くて可愛くて
ころんの気持ちより自分の気持ちを優先してしまいました。
なのでころんは常に気を遣わなくてはならなくて
心から安心出来なかったんです。

信頼関係を築く為、色々勉強して
さあこれから、という時だったので
他のコより解り合えてないままの気がするんですよ。

それでも、今は天国で幸せだと思っています。ホントにありがとうね(^^)

雛姫さんへ☆

続けて4羽のコをお見送りなさったんですね。
言葉に出来ない程の悲しみだったのですよね・・・。
でも遺されているコの為に力を振り絞って、踏ん張って。
本当に頑張られたんですね。

そう、泣いてばかりでは心配で天国に行けないもの。
受け止めて、乗り越えて、前を向いていかねばなりませんよね。
今いるコ達の為にも、自分の為にも。
がんばりましょうね!ありがとうございます。

りおんさんへ☆

ふふふ、ころんはとっても可愛いコでした(^^)
最初にころんの気持ちを優先せず、自分の気持ちばかりを
押し付けてしまったので、ころんには申し訳ない事をしました。
必死で勉強して、ころんとの距離が縮まって来たところ
だったんで、気持ちが伝わっていたのかどうかが気になって。

解ってくれてるといいのだけれど。
ごめんなさいね、そしてありがとうございます(^^)

かつをどりさんへ☆

うーん、ころんが命を賭けねばならない程
私が愚かだったという事なんだと思います。
人としての大切な部分が明らかに欠けていましたから。
短い命、何の罪もない命がどうして、と
腑に落ちないかも知れませんが
それだけ自分が考え直さなければならない事があると思うんです。

そうされなければ気付かぬ程だなんて
自分でも情けないな、と思います。

あるじとのお別れが何故そうだったか
それはあるじの課題ではないかと思います。
それによって彼は以前にも増して鳥達の体調を気にかける様に
なりましたし、対応や判断も更に冷静かつ的確に変わりました。

本当にころんは尊い意味を持って来てくれたコだと思います。
頼りない私に喝を入れる為、家族の絆をしっかり結んでくれる為に。

ありがとうございます。
ころんに胸を張って逢いに行けるよう
これからも精一杯頑張って生きようと思います(^^)
Posted by ほ〜せん at 2008年09月12日 17:39
今晩は。
ころんちゃん、とっても可愛い子ですね!
インコさんとのお別れは、本当に辛いものですよね。
私も過去に2羽とのお別れを経験して、
それがどんなに辛いものなのか、良く分かります。

ころんちゃんは、ほ〜せんさんの元で幸せだったんだね。
今はきっと、虹の橋で見守ってくれていると思います。
ウチのプラムと珊瑚と一緒に、遊んでくれていると良いな。
Posted by nao at 2008年09月12日 20:52
ころんちゃん、ほ〜せんさんちで過ごした時間は短かったですが幸せが凝縮された鳥生だったと思います。
カキカキされてるお顔のうっとり加減と言ったらもうとろけちゃいそうですもんね。

ころんちゃんはたくさんの事をほ〜せんさんやあるじさんに残して行ってくれたんですね。
ころんちゃんが教えてくれたことを大切に守りながら一生懸命頑張って生きているほ〜せんさんたちをお空から見守ってくれていると思います。
虹の橋での再会が胸を張れるものであるよう、残された者は毎日をしっかり生きないとですね。
Posted by よしこ at 2008年09月12日 21:54
わ〜、ほ〜せんさんちには、こんな素敵な家族がいたんですね〜♪
うーん、おめめぱっちりのカワイコちゃんだっ☆

「自分のなりたいものに生まれ変わってね」というほ〜せんさん。
ころんちゃんへのすごくすごく深い愛情を感じて、じ〜んときました。
でもね、きっと、ころんちゃんは、
「生まれ変わったら、ほ〜せんママのところに来るよ」って言っているような気がするんです!

ころんちゃんのおかげで強くなれた・・・そう思えること、きっと、ころんちゃんも喜んでくれていますよね。
ほ〜せん家の家族として、ころんちゃんが来てくれたことには、深い意味があったんだって思います。
2年経っても、ゆーちゃんとほ〜せんさんの心の中に、ころんちゃんが生きているんですもんね☆
Posted by ばっけ at 2008年09月12日 23:42
naoさんへ☆

うふふ〜、ころんはホントに可愛いコでした(^^)
お別れはいつも辛いですよね・・・。
人でも生き物でも、出会いがあれば必ずあるんですけれど
色々な想いが頭の中でぐるぐると。

ころんは幸せだったかな。
天国には痛みも苦しみもないから
きっと元気にみんなと遊んで、飛びまわってますよね。
プラムちゃんと珊瑚ちゃんとも遊んでくれてるといいな〜(^^)

よしこさんへ☆

3歳でお迎えしたので、うちでは6年でしたね。
信頼関係がきちんと結べなかった時期の方が多くて
ごめんね、の気持ちはどうしてもありますが
やっぱりありがとう、と感謝の気持ちで一杯です。

ころんが命をもってして私達に教えてくれた事は
かけがえのない大切な事ばかり。
何やってんだか、って思ってる事も多いかな
(汗)
本当に毎日をしっかり生きなければいけないですね。

ばっけさんへ☆

ありがとうございます(^^)
ころんはとっても可愛いコでした〜!

ころん、そう言ってるような気がしますか?
ふふふ、そう思ってくれてると嬉しいなぁ〜。
ってうち、この先増員とかあるのかしら(汗)
いつからだったかな、こう思う様になったのは。
独身時代、実家にいたにゃんたが虹の橋を渡った時かな?

またうちに・・・って思ったらプレッシャー?かなーなんて
思ったの。
それにもしかしたら人間に生まれたいって思うかも、って。
だから今まで見送ったコ達みんなにそう言ってます。
で、どこかで生まれ変わったコとふとすれ違った時「あれ?」
って思う事があればいいなぁ、なんて(^^)

ころんがうちに来てくれた事は本当に深い意味があると思います。
勿論今いるコ達も。

うん、心の中に今でもころんちゃんは生きてるわ!
(もう生まれ変わってたりして)
Posted by ほ〜せん at 2008年09月13日 16:26
ころんちゃん、なんて愛らしいコ。
愛されて大事にされて、天寿を全うしたのね。
私は、長い短いじゃないと思ってる。
天から与えられた命の長さが、科学的な統計の寿命とは違うものであると思ってる。

何年で天国に帰っておいで、ってきまってて、それが何年であろうと何ヶ月であろうと、かぐや姫みたいに、地球での時間ってのがきっとあるんだ。

ころんちゃんは、とても幸福なコだったね。
薔薇色の人生なんていうけど、ほわっと桃色の甘いステキな日々だったんだと思うよ。

ステキなステキなころんちゃんを見せてくださってありがとう。
Posted by ルー at 2008年09月13日 18:50
ルーさんへ☆

えへへ、ころんはホントに可愛いコでした(^^)
私も長短じゃない、と思っています。
だから毎日って大切に生きなきゃな、って。

そうそう!そういう使命がみんなにあると思うんですよ。
で、使命を終えたら神様がご苦労様、帰っておいで、って。

で、私は死のうと思っても死ねないんだなーと(笑)
ホントにそう思うのよ。

ころんはなんだか粉っぽいけどいい匂いがするコでした(^^)

ころんを見て下さってありがとうございます。嬉しいです♪
Posted by ほ〜せん at 2008年09月13日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106409007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。