2010年05月30日

ちゃくらん



沢山のメッセージ、本当にありがとうございました。
ちゃっくんの亡骸を手にひとつひとつ読み聞かせ
プリントアウトして持たせ、8日に斎場に連れて行きました。
皆さんのあたたかいお言葉に包まれて空へ還したかったのです。

次の日にはご報告を、と思っていたのですが
ちゃっくんの身体を天に還した途端に
ものすごい虚脱感に襲われ
魂が抜けたような感じになってしまいました。
と同時に水疱、発疹が出て痒みで殆ど眠れずな状態になり
お返事も書けずのままで本当に申し訳ありません。

しかしながら日々酷くなる発疹の痒みは
虚無に沈んだ私を引っ張り上げてくれています。


4月の半ば頃から危機感は確実にあって
良くなる事を願いつつ同時に覚悟もしなくてはならず。
半年か、1年か。わからないけれど
だからこそちゃっくんとの毎日を、瞬間を大切に過ごした事に
後悔はありません。
翼を痛めた時からの判断は正しかったのだろうか、など他ではやはり
色々と考えてしまいますが・・・。

2010-0528-1.JPG


亡くなる前日
さちゅんことふたり指に乗せ
ふたりいいこいいこをしている時
ちゃっくんのかほりがいつもと違っていて
それでもあるじとふたり
気持ち良さそうにかかれているちゃっくんに
目を細めていました。

夜寝かせた後
明日生きてるかな・・・と洩らした私に
あるじはそんな事ない!と不機嫌になりましたが
彼は1日、急な仕事で現場に行かなくてはならなかったのです。
5時、8時のちゃっくんの様子にホッとして
あるじもホッとして出掛けた後にちゃっくんは逝きました。

覚悟はしていても
いざとなると何が起きたのかよくわからなくて
毛布に移して両手で覆ったとき
ちゃっくんは私をみつめていたけれど
その目に私は映っていなかったかも知れません。
でも、発作で意識がもうろうとしながらも

ちゃっくん、朝まで待ってたよ
ちゃんと見てる?
ちゃんと見て ちゃっくんを見てて

勝手な憶測ではありますがそう伝えているようで。
その瞬間が鮮烈すぎて
なかなか言えなかったのですが
今、やっと言えます。

ちゃっくん、ありがとうね。

2010-0509-1.JPG


tomtanmamaさんから頂いたお花。

2010-0509-4.JPG



sas_pさんから頂いたお花。

2010-0509-5.JPG


綺麗に洗ったちゃっくんのお部屋の両端で
優しさと癒しで包んでくれました。
本当にありがとうございます。

また、大切な時間を割いてブログでちゃっくんを偲んでくださった方々
いつも見に来てくださった方々にもお礼を言わずにはいられません。
あたたかく見守って頂ける事がどれだけ心強く有り難い事か。
ちゃっくんも私も、本当に幸せ者です。


何気なく目にしたもの、手にした本には
何らかのメッセージが込められている事が多いです。
その時の状態によって響く言葉があります。
映画「グラン・トリノ」の冒頭、神父さんの台詞の一部。

Bitter in the pain,Sweet in the salvation.
Bitter the pain it cavses the deceased and their families.
Sweet to those of us Who know the salvation that awaits.
And some may ask,What is death? Is it the end?Or is it the begining?
And what is life?What is this thing We call life?

死は悲しい しかし魂の救いは癒し
亡くなった方とその家族は悲しみに沈みますが
魂の救いを信じる者には 死は癒しでもあるのです
そもそも死とは何か 終焉なのか?始まりなのか?
生とは?生命とは何なのか?


「ちゃくらん」としての鳥生は終焉を迎えたけれど
魂の物語は始まるんだ。


さちゅんこ、もびたんをふかふかと撫でるとき
添い寝中のゆーちゃんの小さい寝言を聞くとき
よぎる気持ちはあるけれど
だからこそこのコ達との毎日を大切に、という気持ちが強くなる。

将来を楽観視してはいけない
だけど悲観的になってもいけない
精一杯の愛を伝え続け
全てを受け入れて生きて行きたい。

2010-0509-2.JPG

ケンカしたりもよくあったけど
うん、君達さんにん、いい仲間だよ!



発疹は皮膚科で処方された飲み薬でだいぶマシになっていますが
治る部分あれば新たに出て来る部分もあり
夜はやはり痒さであまり眠れない日々が続いていますが
気持ちはかなり元気になっています。
頂いたコメントのお返事は短くても少しずつさせて頂きますね。


にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by ほ〜せん at 21:01 | TrackBack(0) | コザクラのコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

待っててくれました


昨日の日中、ちょいとゴハンを食べてたちゃっくん。
2010-0501-1.JPG


昨日のねんね前
掌ベッドでいいこいいこしながら

ゴハン、もうちょっと食べられるかな?
お友達がみんなね
ちゃっくんの事見守ってくれてるんだよ
嬉しいね 有り難いね
明日もおはようって言わせてね
かわいいお顔見せてね

扉をそっと閉めようとすると
すちゃ、とまたすぐ手に乗りたがるちゃっくんに
不安を感じたので
いつもよりもいっぱいいっぱい話しかけました。

今日の朝、5時頃にそっと様子を見ると
落ち着いていてホッ。
8時頃に見ると下に降りてきて
翼をのび〜、のび〜とする様子に更にホッとして

いつも通りの時間にカバーをはずし
リビングに移動。
この時腰が伊勢エビのような感じに。
しんどそうではあるけれど
呼吸も荒くないけれど
さちゅもびの敷き紙交換、体重、お腹チェックを
ぱぱっと済ませてふたりを戻し

さあちゃっくん、いいこいいこしようか、という時
ちゃっくんはタタタと扉前にきて
指に乗るもじっとしていられず
発作を起こして自分でもどうなってるのか
わからないような状態になり
お部屋内を動き回り底網に羽を広げてぺたんとしてしまうので
お部屋からさっと出して毛布のくぼみに移し
両手で覆ったんですが


私を見つめながら
大きく呼吸をして
あっという間に息を引き取りました。


私は何を叫んだか覚えていない
ただものすごい声で号泣したことだけは覚えてます。


日中は現実ではないような気がして
ちゃっくんのお部屋はいつも通り並べていて
あ、いいこいいこの時間だ、と思って
お部屋にちゃっくんがいない事で現実に引き戻されたりして
今も頭がぼーっとしています。


でも、ちゃっくんは朝まで待っててくれたんですよね。
皆さんのエールやお祈りのおかげです。

しんどいちゃっくんの動画を見てくださって
一緒にヒッヒッフーと呼吸してくださったり
涙しながら見てくださったり。
本当に本当にありがとうございます。
皆さんの優しい気持ちが嬉しくて涙がボロボロこぼれました。

しんどいところを撮ってアップするなんて、と
気分を悪くされたかたもいらっしゃると思いますが
申し訳ありませんでした。

昨年末のくりくりおめめのちゃっくん。
2010-0501-2.JPG


いただいたメールのお返事なども出来ていないのに
勝手でわがままなお願いで申し訳ないのですが
もしよろしければ
迷わず虹の橋へ辿りつけるよう
ちゃっくんに一言いただけたら、と思います。


にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by ほ〜せん at 20:40 | Comment(40) | TrackBack(0) | コザクラのコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。