2008年11月24日

道は続く

昨夜のおんもゴハン。皆寝静まったリビング、深夜2時でございます。

20081125-1.JPG

少し食べて私の肩でうとうと。
20081125-2.JPG

そしてまた少しポシポシ・・・を繰り返しです。1時間程で1g食べる。
これを日に3回ほど。

病院に行く前日の夜、クチバシの傷も気になるし、と強制給餌をせずに
おんもゴハンで1g食べてくれたので、これで行こう、と。
89gが食べて90g。病院へ行く日の朝もおんもゴハンでこの体重。

危なっかしいけれど、危篤状態ではない。
病院で先生に診てもらって、必要なら給餌してもらおうと思ってたんですが、
先生におんもゴハンで1g食べてます、というと、
「あっ、それでいった方がいいかも」と言われました。
前回も確かあるじがいない時に給餌をお願いしたんですが、この時は
筋肉も落ちていたので給餌してもらったんですけど、今回は筋肉が落ちて
ない。病院では89gでしたが、この筋肉の付きと状態から見ると、あと2g
位落ちても大丈夫じゃないかしら、と。そ、そんなもんっスか!?

で、強制給餌について。今なんとかおんもでゴハンを食べてるならば、
ここで強制給餌をするとちぇりおの場合は意気消沈してしまい、せっかくの
上向きな気分が台無しになる可能性がある。
そうするとまたドン、と調子が悪くなり、なかなか回復しない。
回復するのは少しづつだけど、落ちるのはあっという間。
吐いたりしだすと余計に悪化する事もある。焦って体重をあげようと給餌
すると、あまりいい結果にならないのよ、と仰いました。

ああああ、焦りました。あるじが1日いないから、と給餌で体重をあげようと
しました〜〜(汗)これはあるじも判断ミス、と言ってたわ。けど同意した私も
イカンかった訳だからね。
先生もちぇりおちゃんには給餌を、と思っていたそうですが、前回ほど悪い
ような感じではない、筋肉もある、で点滴注射のみ打って頂きました。

強制給餌はそのコの雰囲気やら表情なんかも見て先生はするそうです。
だから入れてる途中でもこのくらいでストップしておこう、とか調節されるそう。
難しいのよねー、と仰ってました。
そういえばあるじがその辺はちゃんと見てるのだったわ。
「ちぇりお、前の感じみたいやから給餌しよか」とかね。焦ると判断もそりゃ
鈍りますね。強制給餌って、入れればいいってものじゃないんだと
改めて思いました。

ぴーちんも目が見えないとはいえ、光は感じる事が出来るから
ちぇりおに合わせるのは申し訳ないんですが、ちぇりおがビターッと
くっついてるもんだからゴハンも食べにくい。
夜はケージを温室に入れてたんですが、部屋が小さいのに窓が多く、
温度と湿度管理がイマイチなんで、もう1日リビングにケージ置いて
夜もリビングの電気はつけっぱなし。ライトよか全体に明るめがいいみたい。
暗すぎず明るすぎずでこんな感じ。

20081125-3.JPG

じべたに置いてるけど、下はホットカーペット。ケージのある位置を暖めてます。
省エネモード、あたたかさは2位で今のところじゅうぶん。
リビングが1番温度差が少ないし。

20081125-4.JPG

夜中の2時の温、湿度。ケージ内の後ろ、上のほうにつけてます。
30℃で湿度が50%以上ありますです。べしょんこのハンドタオルを
ケージの下の隅に置いてるだけだよ〜ん。
ヒーターは上の止まり木の下に設置してるんで、この上にいると30℃以上
あると思う。40Wのヒーターはデカいし、湿度がトンデモな事になると思うから
しばしこれでいんじゃないかな。

20081125-5.JPG

勿論空気の入れ替えはちょこちょこします。お天気のいい日は
日中湿度も10%位だけど、夜になれば50%くらいあります。
なんかビンボー臭さ丸出しな保温ですが、うち、昔からこんなんです(汗)
ムリなくムダなく出来る方法を探す・・・。セコイ??やっぱし(− −;

ちなみにぴーちぇりがおんもの時はガスファンヒーターをつけますが、
こじゃ〜ズ、ゆーちゃんのおんも時はつけません。
室温14℃位でも動いてりゃ〜寒くないみたいだし、まだ真冬じゃないし。
エアコンも古いからか?あったかくないし(− −)使用しません。

20081125-6.JPG

今日の昼過ぎのぴーちぇり。ちぇりおは下にまいたゴハンをついばみ、
ぴーちんは今のうちに!とばかりゴハンを食べておりました。
すまんねぇ、じーちゃん(T T)

肝疾患についてですが、前回は数値がゼロでなんとも言えないけれど、
6月の数値、1455というのはぶっちゃけ最悪なんでしょうか?と
先生にお尋ねしたところ、値は悪いけれども末期状態という程の値ではないそう。
でも、肝臓の数値が逆にどんどん下がってくる事があるそうな。
肝硬変とかだと、細胞が壊れて壊れて、機能しなくなると正常値を示す。
そうなるともうどうしようもないそうです。
ちぇりおも調子を取り戻したら、年明けくらいにまた血液検査をする予定ですが、
どうだろうなぁ。

とにかく、免疫力や体力をつける事が1番。ぴーちんに合わせた生活を
どーすべかな(− −;
ペレットは処方食ペレットが飽きたみたいなんで、いろいろなペレットを
あげてみたら目先が変わってちょこっと食べますんで、そうしてます、と
言うと、うん、こういう時はこだわらずに食べるものをあげてね、と言われました。

「でも、こんな感じを繰り返しながらでも生きるコは生きるしね〜」と
カルテをパラパラめくりながら先生が仰いました。
あはは、そうですねー、カルテがどーんと分厚くなったりして、とあまり緊張感
のない会話をしてたんですが、実際心も落ち着いておりました。

爆弾を抱えているとは思わない。
ちぇりおは爆弾じゃない。
可愛くてちょっと生意気で、素直じゃないちぇりおが、私もあるじも大好きだ。

ぴーちんも後ろのあんよがもう前にすっかりきてしまい、移動も大変そうです。
ちぇりおのおんもゴハンの時間がプラスされるんで、書くのが遅い私は
みなさんのところにコメント残せなくて。ごめんなさいです。
でも読ませて頂くのはとても楽しみで、気分も良くなるから、すこしづつですが
お邪魔させて頂きますね。どうかこれからもよろしくお願い致します。
ちぇりおの事を心配して下さって、とっても心強いです(^^)ありがとうございます!

にほんブログ村 鳥ブログへ web拍手 by FC2
posted by ほ〜せん at 17:26 | Comment(13) | TrackBack(0) | ちぇりおのコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。